魅力はこんなところに

器

陶器のお皿の魅力はどのようなところにあるのでしょうか。実はお料理をおいしく見せてくれるところにあります。料理は味だけで決まるものではありません。実は視覚も大事な要素になります。

プラスチックのお皿に入れたものですと料理がどれだけ高級でも安物のように見えませんか。それと同じように陶器が魅力的であれば料理にも期待できるのです。料理によってお皿をかえるのがいいでしょう。

料理の色によってどのデザインだと映えるのかが違ってきます。盛り付けがあまり得意でなくても陶器の高級感があればきれいに見えます。最近ではネットに自分で作った料理をアップしている方がいますがもしも全世界に配信するなら視覚にもこだわってみるといいでしょう。

そして見た目だけでなく実際に使う陶器によっておいしさが変わる事もあります、というのも器によっては保温能力が変わってくるからです。暖かいものは保温効果の高いもの、冷たくして食べなければいけないものは保温効果の低い器に入れる必要があります。

温度も料理のおいしさに関係する大事な要素だからです。自分の料理にいまいち自身のない方は器にこだわってみるのもいいでしょう。焼き物の専門店に行くのもいいですしネットでもいいものが沢山販売されています。