陶器と磁器の見分け方

食器

普段使っているお皿は、陶器と磁器の二つに分けられます。

聞いたことはあるけど、どちらも同じようなものでは?と思う人も多いのではないでしょうか。しかしそれぞれ違った特徴を持っており、それにより取り扱い方も変わってくるので、その違いを見極める必要があるのです。

まず簡単な見分け方が、その色と質感です。高台と呼ばれる器の底の部分を見てみると、その質感や色を確認することができます。陶器は陶土という粘土を使って作られており、その質感はざらざらとした荒いものになっています。

その為吸水性があり、使用後はよく洗いしっかり乾燥させるなど取り扱いに注意が必要です。対して磁器は、石の粉を粘土に混ぜて作られており、白くツルツルとした滑らかな質感なのです。吸水性はほぼないので、比較的取り扱いは楽です。

次に、お皿を軽く箸などで叩いてみましょう。陶器は鈍い音がするのに対し、磁器は焼成後に半ガラス質になるので、ガラスのような高い音がします。他には、光に当ててみるという方法もあります。

磁器は透光性があるので、光が透き通って見えるのですが、陶器はまったく光を通しません。これらのポイントを良く押さえて、それぞれのお皿に合った手入れや使い方をすることが大切です。