和食に最適な陶器の特徴

大学いも

素敵な和食によく合うお皿、それは古くから日本で親しまれてきた陶器のお皿ではないでしょうか。最近では扱いやすく耐久性に優れた、磁器の食器が多く普及しており、ご家庭にある食器のほとんどが磁器製だという人も多いのではないでしょうか。

しかし、メインの食器一つを陶器製にするだけで、食卓はその雰囲気をガラリと変えます。意外と知らない、その特徴を見てみましょう。

一番の特徴は、なんといっても温かみのある風貌です。陶土と呼ばれる粘土から作られる陶器は、表面がツルツルして吸水性のほとんどない磁器に比べ、質感が荒く吸水性が高くなっています。

その為、食材の水分や油分が染み込みやすく色合いが変化したりカビがはえたりしてしまうこともあります。しかし、きちんとした手入れを行うことで品質を保ちながら、色合いの変化を味わいとして楽しむことができるのです。

使っていくうちに、世界で一つだけの食器になっていくのですね。メンテナンスの手間はかかりますが、それ故にどんどん愛着も湧いてきます。

お皿を通して、ゆったりとした時間の流れを感じられるのは陶器ならではの特徴です。普段は使わないような料理に使ってみても、また違った良さを確認できるかもしれません。